じんましん 原因と治療 > じんましんの治療 > 妊娠中のじんましん

じんましんの治療

妊娠中のじんましん


  妊娠中のじんましん


妊娠中にじんましんの症状が現れたときにはどういう薬を

飲めばいいのか気になるところです。

妊娠早期の内服、抗ヒスタミン剤(抗アレルギー剤を含む)は

注意が必要となります。

妊娠中は、抗ヒスタミン剤などの内服は避けるようにしてください。

どうしても内服が必要な場合、とても大事なことですので

医師と十分相談するようにしてください。

比較的安全だろうと言われている薬は、

マレイン酸クロルフェニラミンです。


じんましんの薬、妊娠時服用して大丈夫?

妊娠中にじんましんの症状が出た場合の対処方法について

相談された事例です。

「私はじんましんで困っています。初期は食べ物で

急性じんましんにかかりました。

その後も年2回はじんましんの症状が出ていたので、

皮膚科の薬を飲み回復しました。

しかし3、4年前から慢性的にじんましんが出るように

なりました。通院して1、2年間は薬を飲みましたが、

完治していません。

妊娠した場合は、薬を続けても大丈夫でしょうか?」



回答

「慢性じんましんは、体中の皮膚が虫刺さされのように、

腫れて、1カ月以上かゆい症状が続く場合をいいます。

慢性じんましんの方の80%が、一般的な検査をしても異常が

ないとされ、原因がわからないことが多いです。

そのために、数カ月から数年、じんましんは出没を繰り返し、

慢性難治性じんましんは治療が難しいのです。

最近、原因不明のじんましんの中に、自己免疫性じんましんと

いう、症状が見つかりました。

これは、血液中に肥満細胞を刺激する自己抗体をもち、

じんましんを起こす特殊なタイプがあることが分かりました。

頑固なじんましんの背景には、慢性疾患が隠れていることが

あります。皮膚科専門医で、じんましん以外の症状がないか

診てもらう必要があります。生活環境が変わり、ストレスが

引き金になってじんましんが発症することもあります。

自律神経のリズムの乱れや、心理的要因が免疫力を低下させ、

過敏反応を起こしやすくします。

じんましんの治療は、抗アレルギー剤の内服が主体ですが、

種類も様々です。

内服をして、じんましんを抑制できる薬が見つかれば、

内服を続けます。1カ月以上症状が現れなかった場合は、

薬を徐々に減量していきます。じんましんは、生体の過敏反応の

一つなので、数カ月から数年でほとんどの人は、

症状が治まります。

妊娠中の人に、100%安全な内服薬は残念ながらありません。

しかし妊娠の時期によって、内服が可能な場合もあります。

産婦人科医と皮膚科医によく相談し、治療してください。

慢性じんましんは、一時的な体の反応なので、自分の生活を

見直し、規則正しい生活を心がけるようにしてみて下さい。」

<<じんましんの症状と発症箇所 | じんましん 原因と治療トップへ | コリン性じんましん>>

ルイ・グラマラス

Powered by さくらのブログ